四国八十八か所霊場 参拝衣装・道具について

巡拝用品について

納経軸(真言宗・他宗派) (納経軸(真言宗・他宗派))
参拝のしるしに、お寺から朱印をいただく軸です。家宝として、子孫に代々残していくものです。
納経帳 (納経帳)
参拝のしるしに、お寺から朱印をいただく帳面です。お遍路さん自身が来世の旅路に持参するものです。一生のお守りとして、悩みのある時は、これを礼拝します。
御影帳 (御影帳)
納経軸・納経帳をすると、その寺のご本尊が描かれたお札をいただけます。そのお札を保存するものです。
納め札 (納め札)
本堂、大師堂に納めて、ご本尊さま、お大師さまに参詣のご報告をします。また、道中で「お接待」をうけた時、納め札を差し出すのがエチケットです。

巡拝衣装について

遍路笠 (遍路笠)
雨、暑さ凌ぎの笠です。弘法大師に因んだ文字が書かれています。
金剛杖 (金剛杖)
弘法大師と同行二人で聖地を踏み、大師のお加護で無事に巡拝できると伝えられています。
念珠 (念珠)
参拝のおり使用します。
持鈴 (持鈴(じりん))
遍路の旅に持参する鈴。古来よりこの鈴の音が「魔よけ」と言われており、四国ではこの音がすると春がくると伝えられています。
白衣(おいずる) (白衣(おいずる))
お遍路さんの正装です。俗世を離れて心の清らかさを象徴する浄衣です。
お遍路さん自身が来世の旅路に着るためのものとして、お納経帳やお軸と同じように白衣にもご宝印戴けます。お浄土へ旅立つ時にお大師さまに導いて頂くため、また、お浄土への通行証でもあります。四国霊場全札所のご詠歌がかかれてある白衣もあります。
輪げさ (輪げさ)
お坊さんの法衣を簡略化した物で、寺参りの際は首にかけて使用します。
輪げさ止め (輪げさ止め)
輪げさがずれない様に首の後ろで白衣に止めます。
申し訳ありません。写真は準備中です。 (手甲)
お遍路さんの正装で手にはめます。
申し訳ありません。写真は準備中です。 (脚絆)
お遍路さんの正装で足にはめます。
山谷袋(さんやぶくろ) (山谷袋(さんやぶくろ))
巡回中のハンドバックになります。
燈光セット(奉納用の線香・ローソク)や納め札など小物をいれて持ち運びます。
 

へんろ道世界遺産

COCORO88に関するご意見・お問い合わせはinfo@cocoro88.jpまでお願い致します。
このホームページはご自由にリンクしていただけます。