«第二十三番札所 薬王寺(やくおうじ) |  トップページ  | 第二十一番札所 太龍寺(たいりゅうじ)»

2006年12月25日

第二十二番札所 平等寺(びょうどうじ)

no22.jpg

弘仁5年(814)、弘法大師が41歳のとき、5色の瑞雲に導かれてこの地を訪れた際、薬師如来を感得し、寺の建立を決意したとされています。大師が杖で地面を掘ったところ、白い霊水が湧き出て、この霊水で身を清め修法した後、薬師如来を刻み本尊にしたと伝えられています。この「白水の井戸」は今も湧き続け、万病に効くとされています。

第二十二番札所
寺号 平等寺(びょうどうじ)
山号 白水山(はくすいざん)
院号 医王院(いおういん)
宗派 高野山真言宗
開基 弘法大師
本尊 薬師如来
真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
御詠歌 平等にへだてのなきと聞く時は あら頼もしき仏とぞみる
宿坊 なし
駐車場
普通車
30台(無料)※午前7時~午後5時
マイクロバス
5台(無料)※午前7時~午後5時
大型車
5台(無料)※午前7時~午後5時
所在地 徳島県阿南市新野町秋山177
phone 0884-36-3522
URL http://

この記事の場所
徳島県阿南市新野町秋山177

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://cocoro88.jp/maplogcms/trackback.php/2

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを投稿: