«第七番札所 十楽寺(じゅうらくじ) |  トップページ  | 第五番札所 地蔵寺(じぞうじ)»

2006年12月25日

第六番札所 安楽寺(あんらくじ)

no06.jpg

温泉の湧き出ていたこの地に、弘仁6年(815)弘法大師が御堂を建て、薬師如来を安置したのが寺の始まりとされています。阿波藩祖・蜂須賀家政が「駅路寺(えきろじ)」として定めてより、遍路や旅人の宿泊の役を担っていました。現在も250人収容の宿坊は、薬湯の出る大きな浴場を持つため、人気があります。

第六番札所
寺号 安楽寺(あんらくじ)
山号 温泉山(おんせんざん)
院号 瑠璃光院(るりこういん)
宗派 高野山真言宗
開基 弘法大師
本尊 薬師如来
真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
御詠歌 かりの世に知行争うむやくなり 安楽国の守護をのぞめよ
宿坊 250人
駐車場
普通車
50台(無料)
大型バス
10台(無料)
所在地 徳島県板野郡上板町引野字寺の西北8
phone 088-694-2046
URL http://

この記事の場所
徳島県板野郡上板町引野字寺の西北8

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://cocoro88.jp/maplogcms/trackback.php/18

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを投稿: