«第八番札所 熊谷寺(くまだにじ) |  トップページ  | 第六番札所 安楽寺(あんらくじ)»

2006年12月25日

第七番札所 十楽寺(じゅうらくじ)

no07.jpg

大同年間(806~10)、この地で修法を行っていた弘法大師が阿弥陀如来を感得し、ご本尊として刻み安置したのがこの寺の始まりです。寺の名は、八つの苦難を離れ、十の光明に輝く楽しみが得られるようにと、光明山十楽寺としました。境内の治眼疾目救済地蔵尊は眼病に霊験があることで知られています。

第七番札所
寺号 十楽寺(じゅうらくじ)
山号 光明山(こうみょうざん)
院号 蓮華院(れんげいん)
宗派 高野山真言宗
開基 弘法大師
本尊 阿弥陀如来
真言 おん あみりた ていせいから うん
御詠歌 人間の八苦を早く離れなば 到らん方は九品十楽
宿坊 100人
駐車場
普通車
20~30台(寸志を)
大型車
5台(寸志を)
所在地 徳島県阿波市土成町高尾字法教田58
phone 088-695-2150
URL http://

この記事の場所
徳島県阿波市土成町高尾字法教田58

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://cocoro88.jp/maplogcms/trackback.php/17

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを投稿: