トップページ  | 第二十二番札所 平等寺(びょうどうじ)»

2006年12月20日

第二十三番札所 薬王寺(やくおうじ)

no23.jpg

神亀3年(726)行基が開基したお寺で、弘仁6年(815)平城天皇の勅命で訪れた弘法大師が、自他の厄除を誓願して厄除薬師如来を刻み、ご本尊としました。文治4年(1188)の火災で堂塔は全焼、ご本尊は自ら玉逗子山へ飛び去ったといわれています。嵯峨天皇が伽藍を再建して新しい尊像を造顕されたため、ご本尊は戻って後向きに本堂へ入られました。厄除けの寺として有名で、女厄坂、男厄坂と呼ばれる階段に賽銭を置いて厄落しを行います。阿波路最後の札所です。

第二十三番札所
寺号 薬王寺(やくおうじ)
山号 医王山(いおうざん)
院号 無量寿院(むりょうじゅいん)
宗派 高野山真言宗
開基 行基菩薩
本尊 薬師如来
真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
御詠歌 皆人の病みぬる年の薬王寺 瑠璃の薬をあたえましませ
宿坊 100人
駐車場
普通車
350台(無料)※午前7時~午後5時
マイクロバス・大型車
10台(無料)※午前7時~午後5時
所在地 徳島県海部郡美波町奥河内字寺前285-1
phone 0884-77-0023
URL http://www1.ocn.ne.jp/~yakuouji/

この記事の場所
徳島県海部郡美波町奥河内字寺前285-1

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://cocoro88.jp/maplogcms/trackback.php/1

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを投稿: