四国八十八か所霊場 由来について

今から約千二百年前、第七十五番札所善通寺に誕生した弘法大師空海は、四十二歳のときに人々に災難を除くため、阿波、土佐、伊予、讃岐を巡り難行苦行を経て仏教を広め、各地に霊場を定め四国霊場を開創したとされ、後にこの四国霊場を大師の高弟が大師の足跡を遍歴したのが霊場めぐりの始まりと伝えられています。

人間には皆八十八の煩悩があり、金剛杖をもって弘法大師の足跡を巡り霊場を巡拝する「お遍路旅(遍路巡礼)」は、空海弘法大師と一つになろうと願い(同行二人)、各霊場で八十八の公徳をいただくことにより、この煩悩が消え、心願成就のご利益と八十八の功徳成就が得られるとされています。

徳島阿波(発心の道場第一番札所から第二十三番札所)、高知土佐(修行の道場第二十四番札所から第三十九番札所)、愛媛伊予(菩提の道場第四十番札所から第六十五番札所)、香川讃岐(涅槃の道場第六十六番から第八十八番札所)に至る1450キロを巡拝する四国遍路は、古く室町時代から現在に至るまで、昔も今も人々の人生の苦しみからこころを洗う癒しの旅なのです。

 

へんろ道世界遺産

COCORO88に関するご意見・お問い合わせはinfo@cocoro88.jpまでお願い致します。
このホームページはご自由にリンクしていただけます。